大切な家を守るには外壁塗装が欠かせない!

  1. ホーム
  2. 塗装工事の作業工程

塗装工事の作業工程

女性

外壁塗装は一般的に建築してから約10年が塗り替え時期といわれています。外壁塗装で使う塗料には防水や断熱効果がありますが、長期間強い紫外線や雨の影響を受けると次第に効果が減少してしまいます。蒲郡市は三河湾に沿って広がっているので建物全体が塩害の被害を受けやすい場所です。自分で外壁の状態をチェックしても良いのですが、蒲郡市の外壁塗装のプロの目で確認して貰った方が確実で安心です。蒲郡市の外壁塗装業者は連絡を受けると外壁の状態を詳しくチェックします。まずは塗料のふくれ、はがれ、ツヤの低下の状態を目で確認し、さらにハンマーで外壁を軽く叩いて塗料のはがれ具合を調査してくれます。塗料と外壁の状態を報告して塗料の提案や工事の流れについて説明を受け、塗装工事費と足場組み立て工事費を合算した見積書を見せてもらいましょう。見積もり内容について依頼人が納得したら書面で契約して工事日を相談します。工期は天候などを考慮して2週間程度になります。外壁塗装を始める時は作業と職人の安全のために足場の組み立てを行います。その際には蒲郡市の業者は作業時の音や塗料の臭いなどを考慮して近所の住民に挨拶に回ってくれます。基本的な流れとして、塗装しない場所にマスキングテープや養生シートを使って保護し塗装が付かないようにします。そして、高圧洗浄機で外壁の汚れを洗い落とし錆を取り除き外壁をきれいな状態にします。そして、シーラーと呼ばれている下塗り塗料を外壁に塗り、鉄の部分には錆止めを塗っておきます。シーラーが乾燥したら依頼主が選んだ色の塗料を2回塗り、塗料が乾燥したら依頼主に連絡して確認を取ってくれます。了解を得たらマスキングテープや養生シートを外して足場を解体したら外壁塗装工事は完了します。